ソーシャル電通人

トップ >ソーシャル電通人 > #004岡田 怜奈さん / 秋永 寛さん(後篇)
ソーシャル電通人 #004(後篇)

ソーシャル電通人 #004
岡田 怜奈 電通 MCプランニング局 / 秋永 寛 電通 第4CRプランニング局悩んで、考えて、自分たちにできることにたどり着いた。

東日本大震災のあたらしい支援のカタチとして、南三陸町にある杉と工房の人と技術、そして東京のクリエーターが組んだ「TREE THREE」プロジェクト。東京から杉を使ったプロダクトのアイデアとデザインを提供し、現地でプロダクトを制作し、販売する。そのしくみの立ち上げからかかわる岡田さん、秋永さんに「はじまりといま」を聞きました。

――アートっぽい企画というのはどのようなものですか?

(秋永)たとえば、南三陸町のなかにけっこう廃材があったりするのでそれで時計をつくって、リアルタイムの南三陸が途中に入ってくるようなサイトをつくったりとか、それを見たら震災を忘れずつねに南三陸とリンクしてもらえるようなモノをつくろうとか考えたりしています。あるいは、廃線になった路線のレールを利用して、カメラを載せたミニ列車をゆっくり走らせて、3時20分には3時20分の風景が、3時21分には3時21分の風景がリアルタイムで見られるようにすれば、いまは夏でとか、もう冬になって雪が積もってとかいうのがずっと見れるんじゃないかなあとか。いちおう、これも南三陸とクロックで、「MINAMISANRI-CLOCK」ってダジャレなんですけど(笑)。

――支援をしたいと思っても「きっかけ」が難しいですが、なにか、アドバイスをいただけますか。

(岡田)とりあえず現地に行ってみるというようなことがいいと思います。私もひとりでモヤモヤしていて、内野さんに「行けばいいじゃん」っていってもらって、みんなに「行こうよ」っていったら、「行く、行く」って、案外簡単だったなあっていう(笑)。

「なにかしようと思ってるけど、できない」ってあんまり人にいいたくないから、ちょっとかっこつけるといわないじゃないですか。でも、震災というのは、できないっていうのが恥ずかしくないぐらい大変なことだったし、内野さんがいらっしゃった偶然もあって、そこからはじまった気がします、私は。

社内研修メンバーは20人なんですけど、行った人は10人ちょっとくらいかな。こういうのって、「運と縁」みたいなところがあって、打ち合わせに来れる、来れないでだいぶ違ったりして、でもそれって別にやる気があるとかないとかはあんまり関係ない。たまたま5人ぐらいが、何度かちゃんと会えて、話ができて、っていうところでまわりはじめた感じ。人を無理やり連れ込むようなことはしたくなくて、お知らせはするけれど、出入り自由みたいな感じにしたい。

(秋永)僕はそういうのに「乗ってみた」だけなんですけど(笑)。どうすればお互いが気持ちよくできるかとか、うまい落としどころをみんなで考えました。それでたのしんでやれている、つづけてこれたという感じがあります。あと、西岡さんとか前川さんとか、デザインとか好きだろうし、やってくれるだろうっていう期待もあったりして、興味ありそうな人を「巻き込みつつやる」っていうのも大事だなあと思いましたね。

*2013年に入ってからもTREE THREEの活動はつづいています。

○「カーボン・オフセットメッセージライブ2013」でのワークショップ

2月5日に開催された環境省主催の「カーボン・オフセットメッセージライブ2013」では、TREE THREEの監修により被災地の間伐材を利用したワークショップが行われました。 南三陸町のYES工房で杉の間伐材を、スタンプに使える7種類の動物のピンバッジに加工。参加者は好きな動物を選び、メッセージシートにスタンプを押し、被災地へのメッセージを書き込みました。

ワークショップ終了後は、スタンプが押されメッセージの書き込まれたシートを素材に、100個のかわいい巾着をつくって、南三陸町にある志津川保育所にプレゼントしました。

○「園児みんなで志津川保育所の看板をつくる」ワークショップ

入谷公民館館長である阿部さんから南三陸町の志津川保育所の看板デザインを依頼され、園児たちと一緒にワークショップ形式でかわいらしい看板を制作した。

YES工房のレーザーカッターで加工された、「し」「づ」「が」「わ」「ほ」「い」「く」「し」「ょ」の文字となる小さなパーツを制作。ワークショップ形式で、園児たちはパーツを選び、みんなで「しづがわほいくしょ」の文字を組んで、それぞれ色を塗って、かわいい看板が完成させました。

岡田 怜奈 電通 MCプランニング局

MCプランニング局 メディアプランナー 2001年入社。以来11年間、ラジオの企画セールスに携わる。2012年よりメディア・プランニングを担当。

秋永 寛 電通 第4CRプランニング局

電通第4CRP局 コピーライター、CMプランナー 最近の仕事として、東京メトロ、YouTube、ソニーモバイル、KIRINの企業・商品広告、 電通のエントランスを変えるGood Entrance, Good Innovation.プロデュースなど。 受賞歴にニューヨークADC、CLIO、SPIKE ASIA、ADFEST、ACC、TCC新人賞ほか。

この記事へのコメント