プロジェクト

トップ > プロジェクト > NGO/NPO×電通人 世界の食問題にGood Innovation. 
“人と木の共生”について考える“ Wood Innovation Project

NGO/NPO×電通人 世界の食問題にGood Innovation. 

 

10月16日は世界の食料問題を考える「世界食料デー」。その日に合わせて、電通のエントランスロビーで「NGO/NPO×電通人 世界の食問題にGood Innovation.」を開催しました(10月15日から25日まで) 。世界の食問題解決のために活動する11のNGO/NPOと電通社員とを、「むすび(アイコンは「を、むすび」です)」、各団体を紹介するスタンドバナーを制作。エントランスを通る方々に世界の食問題に関心を持っていただくよう呼びかけました。

社内外の「Good Innovation.」な活動との出会いで、社員の意識向上を

 

開催期間中はスタンドバナーを展示したほか、フェアトレードのコーヒーやジンジャーティーなどが楽しめるMeet Caféが設営され、電通社員のほか多くのお客様にご参加いただきました。電通の石井社長とルワンダの少女の食事の内容を対比してみられるインスタレーション、各団体の活動を紹介するビデオも上映。また、同期間中にはDentsu SocialのFacebookページでも、連日各 NGO/NPOがフレンドリーに紹介されました。

今回の企画では全部で11のNGO/NPOなどが参加。これまでも個別のNGO/NPOとの活動はあったものの、これだけの数の団体とコラボレーションするのは電通でも初めてのことです。制作に携わった電通のスタッフは若手を中心に約40名。

世界の食問題やNGO/NPOなどの活動を知る良い機会となりました。また、Meet Café や物販の利用を通じて今回のイベントに参加したのべ400人以上の方々からもたくさんの声が寄せられました。企画終了後は、エントランス2階のアドカフェに場所を移し、1週間延長してスタンドバナーが展示されました。電通とNGO/NPOという、普段接点のなさそうな2者の出会いから、新しいイノベーションが生まれてくるかもしれません。 (主催:社会貢献・環境推進部、協力:ソーシャル・デザイン・エンジン 他)

「NGO/NPO×電通人」によって制作されたNGO/NPOなどの団体の活動を紹介するバナー

*ご協力いただいたNGO/NPOなどの団体は以下の11団体です(順不同)。

 

1 セカンドハーベスト・ジャパン(http://2hj.org/

2 特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン(http://www.oxfam.jp/

3 特定非営利活動法人WE21ジャパン(http://www.we21japan.org/

4 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド(http://www.hungerfree.net/

5 公益社団法人国際農林業協働協会JAICAF(http://www.jaicaf.or.jp/

6 国連食糧農業機関(FAO)日本事務所(http://www.fao.or.jp/

7 緑のサヘル(http://sahelgreen.org/

8 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International (http://jp.tablefor2.org/

9 特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会  (http://ja.wfp.org/

10 一般財団法人日本国際飢餓対策機構(http://www.jifh.org/

11 株式会社ユーグレナ( http://www.euglena.jp/

 

この記事へのコメント