プロジェクト

トップ > プロジェクト > リスナーのつくりたい番組を、 リスナーみんなの力でつくる。
“人と木の共生”について考える“ Wood Innovation Project

リスナーによる、リスナーのための番組制作

 

このたび、J-WAVE、READYFOR、電通のコラボレーションによる「J-WAVE LISTNERS’ POWER PROGRAM」をスタートしました。生活者の力でマスメディアのコンテンツを制作しオンエアできる画期的なプロジェクトです。

「J-WAVE LISTNERS’ POWER PROGRAM」とは

 

「ソーシャルグッド(社会にいいこと)」をテーマに、番組企画案をJ-WAVEリスナーから募集。「J-WAVE LISTNERS’ POWER PROGRAMチーム」がすぐれた企画案を選定し、専門家を交え番組内容をブラッシュアップします。採用された企画はREADYFORを通してクラウドファンディングを行い、リスナーからの資金協力を得られれば番組の制作・オンエアが実現します。

 

ソーシャルグッドな番組をみんなの力で実現しよう

 

「J-WAVE LISTNERS’POWER PROGRAM」第1回の募集に寄せられた多数の応募企画のなかから、次にご紹介する2つの企画で番組成立をめざしています。ソーシャルグッドなマスメディアをソーシャルの力で実現する日本初の取り組みへのご支援をよろしくお願いします。

 

  • 企画立案リスナーは、「江古田ミツバチプロジェクト」に参加されてきた浜崎恵さん。ミツバチがいなければ植物は命をつなぐことができません。自然界でとても重要な存在なのです。そんなミツバチを都会で育てる活動が各地ではじまっています。それは環境問題という大きなテーマを、身近なところから考えるアクションです。「江古田ミツバチプロジェクト」を通して、ソーシャルグッドな種はすぐそばにあることを伝えたい!その想いを東京じゅうに広げたいのです。ミツバチの羽音が東京の空に響き渡るように。
  • 三宅島は雄山の噴火で2000年に全島避難を経験して以来、いまだ復興途上にあります。企画立案リスナーの小林正吾郎さんは、以前暮らしていたことのある三宅島のこの事実と島に活力をよみがえらせるべく始まった「三宅島大学」というプロジェクトについて伝えたい、と考えました。島の魅力を感じてほしい。島の人々の想いをあなたに届けたい。それが番組の目指すことです。 東京の仲間として、三宅島にも目を向けてほしい。そこに友達はいる。仲間がいる。あなたの応援を待っています。
●皆様のご支援をお待ちしております。
J-WAVE LISTNERS’ POWER PROGRAMのHPはこちらから:http://www.j-wave.co.jp/lpp/
この記事へのコメント