プロジェクト

トップ > プロジェクト > “あたらしい旅”を提供するスポーツツーリズム
“あたらしい旅”を提供するスポーツツーリズム

“あたらしい旅”を提供するスポーツツーリズム

 

「スポーツで旅を楽しむ」「旅でスポーツを楽しむ」――スポーツと観光を融合し、新しい価値、新しい感動を提供をめざすスポーツツーリズム。日本スポーツツーリズム推進機構=JSTAは、オールジャパンのスポーツツーリズムを推進する組織として活動しています。

ニッポン観光の創造とビジネスの創出をめざして

 

・日本には、プロ野球、Jリーグ、大相撲、競輪など国際的に高い評価を受け、既に日本独自の文化となった“観るスポーツ” 、また、豊かな自然環境や美しい四季を利用したスキー、登山、サイクリング、市民マラソンなど、多くの人びとが親しめる“するスポーツ”が存在します。さらに、市民マラソンを例にとれば、選手を応援する市民やボランティア、大会を運営する地域や行政、企業など、“支えるスポーツ”の役割も重要です。

 

・スポーツツーリズムとは、日本が誇る優れたスポーツ資源・環境とツーリズムの融合です。スポーツにかかわる旅行そのもの、あるいは周辺地観光を加えたプログラムだけではなく、スポーツを“支える”人びととの交流、旅先で気軽にスポーツが楽しめる環境の提供など、これまでの旅行スタイルを変革することや、健康と環境を重視し、スポーツの普及とスポーツを通じた地域活性化をめざしています。

 

・スポーツツーリズム推進の目標は大きくは2つあります。ひとつは、「より豊かなニッポン観光の創造」です。スポーツを通じて新しい旅行の魅力を創り出し、日本が誇る多種多様な地域の観光資源を顕在化させるといった、“スポーツをテーマにした観光魅力化による感動の実現”を意味します。

 

そしてもうひとつが「スポーツとツーリズムの更なる融合によるビジネスの創出」です。「スポーツ」と「ツーリズム」の融合をさらに加速させることによって、新しい価値、新しい感動が誕生すれば、これまでにないスポーツ産業、観光産業の新しい収益源となるビジネスを生み出すことも可能となります。

 

スポーツツーリズムとは

JSTAのHPはこちらから:http://sporttourism.or.jp/
この記事へのコメント